100%生絞りジュースを作る

以前にも「酵素でカラダにいいダイエット」で、100%ジュースの話を少し触れましたが、今回は写真+動画でもう少し詳しく紹介したいと思います。

まず、これがジューサーの「低速圧縮搾りジューサーイキイキ酵素くん」。名前がちょっとベタな感じですが、本格的な低速圧縮絞りのジューサーです。お値段は少々お高いですが、しっかり働いておいしいジュースを作ってくれるので、十分に値打ちがあります。このイキイキ酵素くんは、ナターシャ・スタルヒンさんのサイト「Natasha Times」でも紹介されているので、自信を持ってオススメできます。
※わたしがこのジューサーに決めたのは、ネットでいろいろ調べて一番良さそうだったからです。(ナターシャ・スタルヒンさんの本には海外のジューサーしか紹介されていませんでした)その後、ナターシャ・スタルヒンさんのサイトでもこのジューサーが紹介されているのを知り、これで間違いなかったと安心しました。また実際に使っていて本当に良いジューサーだと実感しているし、満足しています。

さて、それでは実際のジュース作りを紹介したいと思います。
今日のジュースは、オレンジグレープフルーツ(ルビー)のミックスです。たいてい、二つ以上の果物をミックスします。リンゴはどんな果物や野菜とも相性が良いのでよく使います。
※わたしのイチオシは、リンゴとオレンジのミックスです。リンゴはオレンジのおいしさを引き出し、まろやかな味にしてくれます。割合は、ちょっと大きめのリンゴ1個とオレンジ2個です。これで大体二人分になります。
オレンジとグレープフルーツは皮をむいて適当な大きさに切ります。ちょうど写真 ←↑ に写っている感じです。
このようにジューサーの入り口にちょうど入る大きさがベストです。
こんな感じでスクリューで絞られてジュースが出来上がります。
肝心の音ですが、おそらくイメージされているよりかは小さいです。ミキサーのような大きな音は出ませんので、夜でも全然OKです。
ジュースはこんな感じで絞られてでてきます。右側の入れ物に絞られたジュースが流れてきて、左側に絞りかすが出てくるようになっています。
それでは、実際にどんな感じで絞られるのか、ムービーをご覧ください。
ムービーはこちらをクリック
絞り終わった後は、フィルターでジュースをこします。若干、繊維などがジュースの中に紛れ込んでいるので、ストレートジュースを飲むためにはこの作業は大切です。
ムービーはこちらをクリック
そして、おいしいジュースができあがりました!!
作ったジュースはその場ですぐに飲むのがポイントです。
新鮮で作りたての生絞りジュースを飲むことで、酵素をしっかり身体に取り入れることができます。この生絞りジュースを飲む一番の目的は、おいしいジュースをただ飲むというのではなく、酵素を効果的に摂取するということなので、氷をいれたり砂糖を入れたりもしないでくださいね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です