冬至が過ぎ

昨日は冬至でした。
冬至といえば、昼間がもっとも短い日。
そして今日は天皇誕生日。明日はクリスマスイヴ。そしてその次の日が25日、クリスマス。ラジオから流れてくる音楽はクリスマスソングやなんだか切なくてしっとりした曲が多い気がします。そんな中、いよいよ年末色が濃くなってきましたね。
しかも、ここ数日は全国的に大雪が降り、寒さも増し、わたしのところには注文していたヒーターもメーカーの在庫切れで届かず・・・。
ところで、わたしはが大好きです。
小さな頃、弟の言った「雪が降ってる!」というウソを真にうけて「きゃー♪」と叫んで外に飛び出したくらい大好きです。
高校時代、京都にめずらしく雪が積もった日は、午前中の授業をさぼり、友人と雪合戦をして遊んだくらい大好きです(毎年一日くらいはそんな特別な日がありました)。

そして今年は思いのほかこんなに早く雪が積もる京都が見られて、ひそかに喜んでいます。記念に写真を何枚か撮ったりもしました。部屋着のままベランダに飛び出て、ミニ雪だるまも作りました。
静かにしていると、電線や木などに積もった雪が、パサっと落ちる音が聞こえます。空気が澄んでいる中、思いっきり深呼吸をしたくなります。きれいに降り積もった雪の上を、誰よりも先に足跡をつけに行きたくなります。
今年は例年になくとても寒いけど、また違った幸せをみつけることができるような、そんな気がしています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です