SONY AIBO事業から撤退

発売当初は約20万円もするのに売り切れで大人気だったAIBOも、最近ではあまり話題にのぼらなくなりました。それでも知名度はかなり高いし、おもちゃロボットの代表格でもあります。そんなAIBOですが、2006年3月で生産終了となるそうです。

最近のAIBOは以前に比べてもっとかしこくなって、充電切れになりそうになれば、自分から充電器の上に移動して充電したり、無線LANを通してコミュニケーションができます。
例えば、AIBOアイズという機能では、AIBOがメールの着信を知らせてくれたり、外出先からAIBOにメールを送ると、写真を撮ってくれたり(撮った写真はWEBで閲覧できたり、メールに送ってくれたりします)、伝言を頼んだりできます。また、AIBOに留守番を頼んでおけば、動くものや顔、音をキャッチした場合に、写真を撮ってメールで知らせてもらうことができます。※防犯カメラ?みたいな働きをしてくれるんですね。

価格はそのままでおもしろく進化し続けているAIBOに、今後も期待していたのですが、今回のニュースはホント残念です。
生産中止になる前に、こぞって購入する人が増えるかもしれませんが、それでも20万円はなかなか手が出しにくい価格ではありますね。

商品についてはこちらのページへ → ERS-7M3
icon


icon
icon

icon
icon

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です