東山花灯路

先日、東山花灯路を見に行ってきました。
※期間:2006年3月11日~21日 点灯時間:18時~21時30分

待ち合わせは、京都四条河原町南座前。もうすぐ春ですが、まだまだ寒い日が続いている上に、この日は雨でした。
まずは、祇園下河原ひさごでお食事を。メニューを見ずに注文したのは名物「親子丼」です。
注文の際に、「上に粉山椒がのりますがいいですか?」との断わりが…。わたしは丼物などには山椒をかける習慣があるので、もちろんOK。
※ちなみに昨日食べたうなぎ丼にも山椒はかけました。
この日はすんなり席に座れたのですが、普段は行列ができるくらいの人気だそうです。注文した親子丼が届く頃には、お客さんの姿も増えていました。比較的若い人が多かったのも印象的でした。

おなかがいっぱいになった後、食後の散歩もかねて、東山花灯路へ。
ちょうど、ひさごの前の通り「下河原通」も順路になっているので、スムーズに合流できました。雨も小ぶりになってきたので、良い感じです。石畳が良い感じで雨で反射し、ちょっと幻想的な写真が撮れました。
平日で、雨も降っていたのですが、やはり人の姿は結構ありました。これが晴れの日ならもっと人が多くて大変だったろうなと思いました。結構ちゃんとしたカメラ機材を持って写真を撮っている人も見かけました。

※いろんな種類の露地行灯がありました。
御箸屋さんでお箸を買ったりしながら、最終地点の清水寺まで歩きました。

京都に住んでいると、いつでも来れるという感覚があり、なかなかこういった観光地に足を踏み入れることはありません。
休日になると、観光客でいっぱいになります…。ゴールデンウィークにもなれば、地方ナンバーの車が京都の街を埋め尽くすされます。
そんな中、今回は旅行に来た気分で東山の散策路を歩き、京都の良さを改めて感じられた一日でした。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です